八丁味噌、登録取り消し求め提訴 「生産方法異なる」と岡崎の老舗

お気に入りに登録

 伝統的な農産物や食品を保護する地理的表示(GI)保護制度に登録された愛知県の豆みそ「八丁味噌」を巡り、同県岡崎市の老舗業者「まるや八丁味噌」が22日、登録された製品は生産方法が本来の伝統的手法と異なるとして、農林水産省に登録取り消しを求めて東京地裁に提訴したと明らかにした。

 八丁味噌の登録では、農水省は2017年12月、愛知県全体を生産地とし、近代的な製法で生産する業者も加盟する組合の製品を保護対象に認定した。

 これに対し、老舗業者の組合は「八丁味噌は岡崎市八帖町で江戸時代から続く製法で生産するみそを指す」と主張している。