大館桂桜、狙い通りの初回6点 打者一巡の猛攻

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大館桂桜―秋田】9回表2死一、二塁、柳澤の適時打で8点目のホームを踏む大館桂桜の石倉(右)=こまちスタジアム
【大館桂桜―秋田】9回表2死一、二塁、柳澤の適時打で8点目のホームを踏む大館桂桜の石倉(右)=こまちスタジアム

 大館桂桜は一回に打者一巡の猛攻で大量点を挙げた。高谷勉監督は「秋田は継投で来るだろうと思っていたが、先発・岩谷信太郎投手(1年)の対策に集中した」と話した。

高校野球県大会、大館桂桜と能代松陽が4強

 狙い通りの攻めだった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 299 文字 / 残り 188 文字)

同じジャンルのニュース