7月に工場閉鎖、秋田ホーセ離職者 企業説明会に39人参加

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田ホーセの離職者向けに五城目町で開かれた企業説明会
秋田ホーセの離職者向けに五城目町で開かれた企業説明会

 7月に秋田県五城目町内の工場を閉鎖した縫製業秋田ホーセの離職者向け合同企業説明会が22日、同町の広域五城目体育館で開かれ、離職した39人が再就職を目指して企業との面談に臨んだ。町と県、ハローワーク秋田などの主催。

 秋田市や男鹿市、南秋田郡などが就業場所の求人を出している24事業所が参加。希望した5事業所に初めにアピールタイムが与えられ、各事業所の担当者が参加した求職者全員を前に自社の特徴や事業の展望などを紹介した。

 ハローワークによると、秋田ホーセの離職者の27%は縫製関係、16%はその他の製造業を希望し、ほとんどの人が南秋田郡や近隣市町村でのフルタイム勤務を望んでいる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 598 文字 / 残り 308 文字)

秋田の最新ニュース