時代を語る・中村和雄(44)応援・支援にただ感謝

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今でも応援してくれている方々と(前列右から2番目)=男鹿市船越の自宅
今でも応援してくれている方々と(前列右から2番目)=男鹿市船越の自宅

 人の巡り合わせって不思議なもんだね。困っていると手を差し伸べてくれる方が、必ずと言っていいほど現れてくれるんだから。俺って幸せ者だとしみじみ感じ入っているんだ。

 秋田に戻ってきて2シーズン目、平成25(2013)年初めのことだった。「秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)」が例年、正月合宿をしていたスポーツ施設が突然使えなくなったんだ。どう交渉しても駄目で、困り果てていたら、大潟村の方々が助け舟を出してくれてね。村内のホテルと体育館を提供してくれることになったんだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 763 文字 / 残り 529 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース