60歳の副大統領がサッカー出場 スリナム、国際試合最年長

お気に入りに登録

 【サンパウロ共同】南米スリナムのロニー・ブランズウィック副大統領(60)が21日、サッカー北中米カリブ海連盟(CONCACAF)リーグに出場、クラブチームの国際試合に出た最年長選手と報じられた。米ワシントン・ポスト紙はJ1横浜FCでプレーする三浦知良さん(54)の年齢を超えたと伝えた。

 ブランズウィック氏は自身がオーナーを務めるスリナム上位のクラブチーム「インテル・モエンゴタポエ」の先発メンバーとして出場。自分の生まれた年にちなんだ背番号「61」でホンジュラスのチーム、オリンピアを相手に50分超、フォワードとして奮闘したがチームは0対6で敗れた。