豪、台湾TPP加入申請「検討」 「一つの中国」政策は維持

お気に入りに登録

 【シドニー共同】オーストラリアのテハン貿易相は23日、台湾の環太平洋連携協定(TPP)加入申請について「全会一致原則に沿って他の加盟国と検討する」との声明を出した。台湾の加入に当たっては「オーストラリアの『一つの中国』政策との整合性」をとるため調整が必要になると説明し、中国に一定の配慮を示した。

 オーストラリアは、中国のTPP加入を巡り、政治問題と絡めたオーストラリア産品への制裁関税などを解かない限り、交渉入りに応じられないとの立場を表明している。