伸び盛りの1年生・山脇、先制打で打線に勢い 大曲工

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大曲農―大曲工】3回裏1死一、三塁、大曲工の山脇が左前に先制適時打を放つ=こまちスタジアム
【大曲農―大曲工】3回裏1死一、三塁、大曲工の山脇が左前に先制適時打を放つ=こまちスタジアム

高校野球、大館鳳鳴と大曲工が4強

 伸び盛りの1年生が打線に火をつけた。三回に5点を奪った大曲工は、山脇大夢(1年)の先制打で勢いづいた。1死一、三塁の好機で「1球目から思い切っていこうと思っていた」との言葉通り初球を捉えて左前に運んだ。

秋季高校野球2021

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 353 文字 / 残り 225 文字)

秋田の最新ニュース