温かな日常や風景パチリ カメラマン・故佐々木正さん写真展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
赤ちゃんの愛らしい姿が印象的な一枚
赤ちゃんの愛らしい姿が印象的な一枚

 地域の風景や人々の生活を写真に収めたアマチュアカメラマン佐々木正(まさし)さん=秋田県由利本荘市岩城出身、2010年86歳で死去=の写真展が、同市岩城下蛇田の亀田城佐藤八十八美術館で開かれている。来月17日まで。

 入場は一般210円、学生無料。月曜休館(祝日の場合は翌日休館)。営業時間は午前9時~午後5時。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 334 文字 / 残り 179 文字)

同じジャンルのニュース