モーグルW杯、たざわ湖大会は来年が最後

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2020年2月に行われたFISフリースタイルスキーワールドカップ秋田たざわ湖大会のモーグル=仙北市
2020年2月に行われたFISフリースタイルスキーワールドカップ秋田たざわ湖大会のモーグル=仙北市

 秋田県は24日、仙北市のたざわ湖スキー場で開いてきたFISフリースタイルスキー・ワールドカップ(W杯)モーグル大会について、来年2月開催の大会を最後に誘致しないことを明らかにした。開会中の9月県議会産業観光委員会で報告した。

 県によると、誘致主体の県、仙北市、県スキー連盟の協議で合意した。冬季五輪の事前合宿の誘致を目標の一つとしてきたが、22年北京大会以降はアジアで冬季五輪の予定がないことや、新型コロナウイルスの影響で大会運営に必要な協賛金集めが難しくなることなどを理由に挙げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 559 文字 / 残り 316 文字)

同じジャンルのニュース