鹿児島―大阪で貨客混載輸送 JRと佐川、新幹線活用

お気に入りに登録

 JR西日本とJR九州、佐川急便は24日、鹿児島県から大阪府まで、九州新幹線と山陽新幹線を使って荷物を運ぶ「貨客混載」の実証実験を始めると発表した。JR西、JR九州は新型コロナウイルス禍で旅客事業が苦戦しており、新たな収益源につなげたい考え。

 実証実験は10月1日から実施。1日は鹿児島県いちき串木野市の串木野港から鹿児島中央駅まで佐川急便がクルマエビを運送。そこから新幹線で新大阪駅まで運び、佐川急便が大阪市の飲食店まで届ける。実証実験を通じて事業化に向けた課題などを探る。

 既にJR西は福山通運と同様の実験を進めている。