由利本荘市、車検切れバス運行 「監督不十分だった」

お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市は24日、車検切れのマイクロバス1台を2日間運行させる事案があったと発表した。

 車検切れのバスは、市から委託を受けた市内の業者が管理、運行している。車検有効期限は今月15日だったが、スポーツ大会に出場する中学生の送迎のため18、19日に計200キロを走行した。22日に市矢島総合支所の職員が監査の資料を作成中に車検切れに気付いた。車検は25日に実施する。市は「監督不十分だった。他の公用車について点検を進め、委託業者にも適切に指導を行う」としている。

秋田の最新ニュース