西村優菜が65で首位堅持 ダンロップ女子第2日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第2日、笑顔を見せる西村優菜。通算13アンダーで首位=利府GC
第2日、笑顔を見せる西村優菜。通算13アンダーで首位=利府GC

 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子第2日(25日・宮城県利府GC=6591ヤード、パー72)前週に通算3勝目を挙げた21歳の西村優菜が1イーグル、5バーディー、ボギーなしの65をマークし、通算13アンダーの131で首位を堅持した。原英莉花が16位から66で回り、5打差の2位に浮上した。

 浅井咲希とペ・ヒギョン(韓国)が通算7アンダーで3位。渋野日向子、古江彩佳、柏原明日架ら6人が6アンダーで5位に並んだ。通算2オーバーまでの67人が決勝ラウンドに進んだ。(出場106選手=アマ3、曇り時々雨、気温18・9度、南東の風2・7メートル、観衆831人)

同じジャンルのニュース