【おかえりモネ】第96回見どころ いよいよ最終章「気仙沼編」へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
『おかえりモネ』第96話より(C)NHK
『おかえりモネ』第96話より(C)NHK

 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。27日放送の第96回あらすじを紹介する。

【場面写真】朝岡も笑顔で百音を送り出す

 第20週(27日~10月1日)のタイトルは「気象予報士に何ができる?」。百音(清原)の企画は新事業としては通らなかったが、地方営業所扱いで社員のまま気仙沼へ戻ることとなった。莉子(今田美桜)、内田(清水尋也)、野坂(森田望智)らと互いの健闘を祈り、会社を後にした。

 引越しの前夜は、明日美(恒松祐里)と飲み明かすことに。明日美は、自分は地元に帰らないことを断言しつつも、百音が帰りたいと思えるようになったことは本当に良かったと心から喜んでくれたのだった。

 本作は、現代劇で、宮城・気仙沼で生まれ育ったヒロイン・永浦百音が、天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、上京。さまざまなことが天気にかかわっているということを経験し、故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。