来年こそ100キロマラソン開催を 阿仁合駅で展示会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
過去のポスターなどで100キロマラソンの歩みを振り返る展示会
過去のポスターなどで100キロマラソンの歩みを振り返る展示会

 秋田県仙北市角館町―北秋田市鷹巣地域間で例年9月に行われる「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン」の歩みを紹介する展示会が26日、北秋田市の森吉山ウエルカムステーション(秋田内陸線阿仁合駅2階)で開かれる。過去の大会ポスターやプログラムに加え、新型コロナウイルス下で大会実行委員会に寄せられた応援メッセージなどが並ぶ。

 大会は一昨年の開催で29回を数えたが、新型コロナの感染拡大のため、第30回記念大会は昨年、今年と開催断念となった。大会実行委が来年の記念大会実現につなげようと、昨年に続き展示会を開くことにした。

 大会総務委員長の佐藤道徳さん(56)は「過去を振り返りながら、来年に向けモチベーションを高めてほしい」と話した。無料。午前9時~午後5時。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 495 文字 / 残り 155 文字)

秋田の最新ニュース