序盤はミス出た能代松陽、小刻みに得点重ねリズムに乗る

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【大館鳳鳴―能代松陽】3回裏1死一、三塁、能代松陽の三走・相澤が本盗を決める
【大館鳳鳴―能代松陽】3回裏1死一、三塁、能代松陽の三走・相澤が本盗を決める

 能代松陽は大館鳳鳴の先発を左腕の木村拳士(2年)と想定していたが、小刻みに得点を重ねて決勝進出を決めた。

決勝は能代松陽―大館桂桜 秋季高校野球県大会

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 354 文字 / 残り 279 文字)

秋田の最新ニュース