ランドセルが防災グッズ? アイデアずらり、大館で発明展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
創造性豊かな336点が並ぶ大館地区発明くふう展
創造性豊かな336点が並ぶ大館地区発明くふう展

 第53回大館地区発明くふう展が25日、秋田県大館市字桜町南の市立中央公民館で始まった。市内の児童や市民計331人が創造性豊かな336点を出展している。市や市発明協会などの主催。26日まで。

 毎年開催しており、今年の出展数は昨年より48点多かった。審査では特賞31点と奨励賞42点を選び、団体賞は特賞が多かった有浦小と桂城小が受賞した。特賞の作品は県発明展(10月30、31日・秋田市)に進む。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 472 文字 / 残り 275 文字)

秋田の最新ニュース