角館こども園、来春から社会福祉法人が運営 仙北市が移譲

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
来年4月からはなさき仙北が運営する角館こども園
来年4月からはなさき仙北が運営する角館こども園

 秋田県仙北市は24日、市立角館こども園の移譲に関する基本協定を社会福祉法人はなさき仙北(武藤清茂理事長)と結んだ。現在市が運営する園を無償譲渡し、来年4月からはなさき仙北が運営する。

 市は2014年、出生数の減少や保育士不足、施設の老朽化などを背景に市立保育園・幼稚園法人化計画を策定。16年度は田沢湖地区、昨年度は西木地区の市直営認定こども園をはなさき仙北に移譲した。角館こども園が移譲されれば、市内全ての認定こども園の移譲が完了することになる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 638 文字 / 残り 413 文字)

同じジャンルのニュース