コロナで学校祭に呼べない… 美郷中生、住民に感謝の贈り物

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地域住民に贈る小物を作る美郷中生
地域住民に贈る小物を作る美郷中生

 美郷中学校(秋田県美郷町六郷)の全校生徒412人が、地域住民に贈るコースターやしおりなどの小物を手作りした。住民に感謝の気持ちを伝える取り組みとして、生徒会が初めて企画。町内の道の駅や郵便局など約30カ所に設置し、訪れた人に自由に手に取ってもらう。

 美郷中は毎年秋に学校祭「一心祭」を開き、合唱や料理提供を通して地域住民と交流してきた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、昨年と今年は来校者を保護者に限定。学校祭に来られない住民に普段の感謝を伝えようと、手作りの小物を贈ることにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 589 文字 / 残り 347 文字)

秋田の最新ニュース