自衛隊接種センター、1回目再開 東京・大阪、予約枠に空き

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自衛隊が運営する、新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの大阪会場=26日午前、大阪市
自衛隊が運営する、新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの大阪会場=26日午前、大阪市

 自衛隊が東京と大阪で運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは26日から、再び1回目接種を実施する期間に入った。全国の18歳以上が対象で10月23日まで続く。米モデルナ製ワクチンを使用し、1日当たり東京会場1万人、大阪会場5千人に対応するが、予約枠はかなりの数が空いているのが実情だ。

 防衛省は、センターの開設期間を11月30日までと決めている。10月24日以降、最後の約1カ月は、再開した1回目接種をセンターで受けた人への2回目接種の期間となる。10月には対象年齢を引き下げ、16、17歳への接種も実施する予定だ。