「一番考え近いのは野田聖子氏」 立民幹部、総裁選候補で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
安住淳氏
安住淳氏

 立憲民主党の安住淳国対委員長は26日、高知市で講演し、自民党総裁選の4候補について「私どもに考えが一番近いのは野田聖子さんだ」と述べた。野田氏がジェンダー問題などに積極的であることを理由に挙げ「彼女は(国会議員票を)20票ぐらいしか取れないという話だ。世界の標準からずれているのが自民党だ」と指摘した。

 衆院選の小選挙区で共産党が候補者を立てず、立民の支援に回る効果にも言及。「われわれが共産党の『げた』を履かせてもらおうと思うと、自民党は『考え方が違う、おかしい』と言うが、自民だって公明党の『げた』を履かせてもらって勝っている」と皮肉った。