社員マスカット…ん? 変換ミスじゃなかった!

会員向け記事
お気に入りに登録

話題になっているツイッターの投稿

 「社員マスカット」。そんな言葉が今月中旬、ツイッターで話題を集めた。変換ミスを疑ってしまうこの言葉、実は由利本荘市の企業がシャインマスカットを販売する際に使っているキャッチコピーだった。

 話題のきっかけとなったのは、16日夕方に「本荘製餡(あん)協同組合」が投稿したツイート。値札に「大内産・社員マスカット」と記されたシャインマスカットの画像に、変換ミスを疑う「ん?」の一言を添えたものだった。

 これが話題を呼び、面白い変換ミスだと感じた人たちがツイッター上で次々に拡散。26日までに1万7千件リツイート(転載)され、8万6千件の「いいね」を集めた。

 その中に、これは変換ミスではなく、実在の企業「菊地建設」(同市大内三川)のキャッチコピーであると伝える投稿が。真相を探るべく、同社を訪ねた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 782 文字 / 残り 435 文字)

同じジャンルのニュース