4試合で3失点、守りからリズム 2年ぶり∨の能代松陽

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 今大会4試合で許した得点は3。バッテリーを軸にリズムよく守り、攻撃につなげる手堅い野球で2年ぶりの栄冠を手にした。

松陽が桂桜下し優勝、第3代表は大曲工 秋季高校野球県大会

 4試合目の先発となった右腕三浦凌輔(2年)は、決勝も安定した投球。一回表の守りを無失点で終えると、試合を重ねるごとに上向いてきた打線が裏の攻撃ですぐに応えた。

 先頭の大高有生(1年)の内野安打などで1死満塁とすると、相澤海大(2年)が初球を引っ張り右翼線へ三塁打。3者が生還し、椛澤心文(同)も中前打で続いた。「先制点が重要と思っていた分、複数点取れたのが大きかった」と工藤明監督。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1014 文字 / 残り 736 文字)

同じジャンルのニュース