持ち前の打力で東北切符つかむ 第3代表の大曲工

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 持ち前の打撃力で東北切符をつかんだ。大曲工は大館鳳鳴の好左腕木村拳士(2年)を攻略し、11安打で9得点。藤井十二支継監督は「選手が意地を見せてくれた。序盤で畳み掛けられたのが良かった」と語った。

松陽が桂桜下し優勝、第3代表は大曲工 秋季高校野球県大会

 膝下の変化球に手を出さない戦術を徹底し流れを引き寄せた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 411 文字 / 残り 256 文字)

秋田の最新ニュース