雪道でけが→タクシー運転手に転職! ウクライナ出身の女性

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市のタクシー会社で運転手デビューしたウクライナ出身の女性がいる。サンガル・ナターリアさん(44)。「お客さんを元気にして、また会いたいと思ってもらえるドライバーになりたい」と張り切っている。

 タクシー運転手になりたいと思ったのは、雪道でのけががきっかけだった。

 2月、ナターリアさんは介護の仕事の帰りに転んで脚を骨折してしまい、通院や買い物などで頻繁にタクシーを利用するようになった。その中で、あきた県都交通(秋田市寺内)のドライバーが何げない会話に優しく楽しく応じてくれたことが、心に残っていたという。

 転職を考えていたナターリアさんは元々運転が好きだったこともあり、けがが治った後、タクシー運転手を目指そうと決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1034 文字 / 残り 721 文字)

秋田の最新ニュース