ロスタイムの失点、見えた課題は ブラウブリッツ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

【岡山―秋田】後半、守備で体を張る秋田の藤山(手前左)=シティライトスタジアム

 唯一の失点は後半50分だった。秋田は、岡山のCKからのクロスをキャッチにいったGK田中雄大が取りこぼし、詰めた相手に押し込まれた。再開した直後、試合終了の笛が鳴った。

ブラウブリッツ、試合終了直前に追い付かれる 岡山とドロー

 失点シーンに問題があったように見えるが、秋田の吉田謙監督は「一つの現象やミスだけを見ても改善にはならない」と言い、岡山に押し込まれて守備一辺倒になった終盤全体の試合運びを反省点に挙げた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 562 文字 / 残り 356 文字)

同じジャンルのニュース