緊急事態宣言、30日全面解除へ まん延防止も適用せず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除について、記者団の取材に応じる菅首相=27日夕、首相官邸
新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除について、記者団の取材に応じる菅首相=27日夕、首相官邸

 政府は27日、19都道府県に発令している新型コロナウイルス緊急事態宣言と、8県に適用しているまん延防止等重点措置について、30日の期限で全面解除する方針を固めた。関係者が明らかにした。宣言解除後の重点措置への移行も見送る見通しだ。菅義偉首相は28日に衆参両院の議院運営委員会に自ら出席して対応を説明し、政府の対策本部会合を開いて正式決定する。

 首相は27日夕、西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相らと官邸で会い、宣言と重点措置の扱いについて協議した。その後、記者団に「状況は改善している。明日、専門家の分科会に諮って政府として最終決定する」と表明した。