「南極」を体で表すと? わらび座、児童にワークショップ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
児童は、流氷やペンギン、南極観測船になりきって「南極」を表現した
児童は、流氷やペンギン、南極観測船になりきって「南極」を表現した

 秋田県にかほ市小国の院内小学校で24日、劇団わらび座(仙北市)の劇団員から「表現」について学ぶワークショップが行われた。5、6年生42人が参加し「ペンギン」「新聞紙」など与えられたテーマに沿って、想像力を働かせながら伸び伸びと体を動かした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 777 文字 / 残り 656 文字)

秋田の最新ニュース