大曲農高生、サキホコレを収穫 学校祭でおにぎりに

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大仙市大曲西根の大曲農業高校大嶋農場で27日、同校生徒が県新品種米「サキホコレ」の稲刈りを行った。農業科学科の3年生10人がコンバインに乗り込み、こうべを垂れた黄金色の稲を刈り取った。収穫したサキホコレは10月15日の学校祭で、おにぎりにして生徒や教職員で試食する予定だ。

コンバインでサキホコレの稲刈りも体験した

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 654 文字 / 残り 514 文字)

秋田の最新ニュース