手荷物レーンから…酒樽!? 秋田空港、8日まで県産酒PR

会員向け記事
お気に入りに登録

 全日本空輸秋田支店と県酒造組合は、秋田市雄和の秋田空港到着ロビー内にある手荷物レーンに県産酒の酒樽(さかだる)を流す催しを行っている。10月1日の「日本酒の日」に合わせ、県産酒をPRする狙い。来月8日まで。

 催しは、平日のみで午前8時50分、午後7時15分に秋田空港に到着する羽田線2便の乗客の荷物と一緒に酒樽を流す。このほか、到着ロビーに県内酒蔵の酒樽を展示している。

手荷物レーンに流れる県内酒蔵の酒樽=28日、午前8時50分ごろ、秋田空港到着ロビー

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 458 文字 / 残り 272 文字)

秋田の最新ニュース