複合男子の渡部暁、「金」へ決意 5度目の五輪へ強い覚悟

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインで取材に応じるノルディックスキー複合男子の渡部暁斗=28日
オンラインで取材に応じるノルディックスキー複合男子の渡部暁斗=28日

 ノルディックスキー複合男子で冬季五輪2大会連続銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が28日、オンラインで取材に応じ、来年2月の北京五輪に向け「(5度目の五輪で)金メダルを取りたい気持ちが、一番強いのは間違いない」と自身初の頂点に強い決意を示した。

 2018年平昌五輪後は不調に陥った時期もあった33歳のベテランは、昨季もワールドカップ(W杯)で個人総合3位と健在ぶりを示した。昨年11月には長男が誕生。来季以降もW杯を回る意向だが「100パーセント自分のために時間を使って金メダルを取りに行くのは最後。そのぐらいの覚悟で臨んでいる」と強調した。