思い出の内陸線車両が模型に 「飾って細部まで楽しんで」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田内陸縦貫鉄道が、老朽化のため15日に最後の運行を終えて引退した秋田内陸線のAN―8900形車両の模型=写真=を販売している。

 8900形は1989年の内陸線全線開業時から主に「急行もりよし」として使用され、JR線にも乗り入れた。

 2両セットで3960円。阿仁合駅など主要3駅のほか内陸線のオンラインショップ、全国の模型店で販売中。同社TEL0186・82・3231

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 321 文字 / 残り 136 文字)

秋田の最新ニュース