「なまはげ柴灯まつり」開催へ 来年2月、感染対策徹底

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿市の冬を代表する観光行事「なまはげ柴灯(せ ど)まつり」の実行委員会は29日、男鹿市総合体育館で総会を開き、来年2月11~13日に開催することを決めた。新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいる状況などを踏まえ、感染対策を取りながら全ての行事の実施に向け準備していく。

今年2月に行われた「なまはげ柴灯まつり」


 来場者の把握、検温、マスク着用、会場の真山神社での飲食提供中止といった基本的な感染対策を徹底する。前回は観客を分散させるため初めてサテライト会場を用意し、デジタルサイネージ(電子看板)でまつりの様子を生配信。今回もJR男鹿駅周辺広場と道の駅おが「オガーレ」をサテライト会場とする。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 628 文字 / 残り 346 文字)

秋田の最新ニュース