おいしい出合い:「YAH―MAN」チキンカレー極み 味を追求、改良重ねる

有料会員向け記事
お気に入りに登録
スパイスの香りが食欲をそそる「チキンカレー極み」
スパイスの香りが食欲をそそる「チキンカレー極み」

 4種のスパイスの香りが食欲をかき立てる。鶏肉は軟らかく、食べ応え十分。由利本荘市の羽後本荘駅前に店を構える「YAH―MAN(ヤーマン)」の看板商品は、2007年の開店時から改良を重ねてきた「チキンカレー極み」(900円)だ。

 クミン、コリアンダーなどのスパイスをまず炒め、そこにトマト、タマネギ、岩手県産の鶏もも肉を加え、鶏ガラスープで煮込む。子どもから高齢者まで楽しめるよう、辛さは抑え気味にしている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 608 文字 / 残り 405 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース