サキホコレ、11月6日に先行販売 本格市場デビューは来年

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サキホコレのパッケージデザイン
サキホコレのパッケージデザイン

 秋田県は30日、新品種米「サキホコレ」の2021年産米を県内外で11月6日から一斉発売すると発表した。来年の本格市場デビューに向け、消費者の認知度向上を目指す。

 「先行販売」という位置付けで、県内外の米穀専門店や百貨店、スーパーなどで計約400トンを売り出す。首都圏や関西圏、中京圏など県外で約300トン、残る約100トンは県内でそれぞれ販売される。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 579 文字 / 残り 403 文字)

秋田の最新ニュース