9月県議会の総括審査1日短縮、少数会派も賛否それぞれ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県議会の議会運営委員会が2日間開いてきた予算特別委員会総括審査を9月議会は1日のみとすると決めたことについて、議会運営委に出席していない少数会派からは30日、「問題ない」と理解を示す声と、「納得できない」と反発する声が上がった。

 総括審査は、県議が知事ら県当局に県政課題をただす場。あらかじめ用意した原稿を互いに読み上げる本会議の一般質問とは違い、一問一答で行われるのが特徴だ。所属議員の人数に応じて、会派ごとに質疑時間が割り振られている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 881 文字 / 残り 658 文字)

秋田の最新ニュース