来春加わる仲間へ画面越しにエール オンラインで内定式

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北都銀のオンライン内定式で祝辞を述べる伊藤頭取=1日午前、秋田市中通
北都銀のオンライン内定式で祝辞を述べる伊藤頭取=1日午前、秋田市中通

 来春入社予定の大学生らへの採用内定が1日解禁され、秋田県内の企業でも内定式が始まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、内定式をオンライン形式とした企業があった。採用活動のウェブ化が進み、企業が学生と直接対面する機会が減っており、人事担当者は内定者のフォローにも力を入れている。

 北都銀行は秋田市中通の本店と内定者24人(男19人、女5人)の自宅などをビデオ会議システムでつないで内定式を開いた。昨年は新型コロナの影響で中止しており、2年ぶりの開催となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 550 文字 / 残り 317 文字)