横手、大曲工など4校が2回戦へ 高校サッカー県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【能代―横手】後半、中盤で能代DFと競り合う横手の伊藤優悟(左)
【能代―横手】後半、中盤で能代DFと競り合う横手の伊藤優悟(左)

 第100回全国高校サッカー選手権秋田県大会(県サッカー協会、県高体連、ABS秋田放送主催)第2日は3日、秋田市雄和の県立中央公園球技場で1回戦の残り4試合を行った。横手が能代を下したほか、大曲工、由利工、御所野学院が2回戦に進んだ。第3日の10日は由利本荘市の西目カントリーパークなど4会場で2回戦8試合を行い、8強が出そろう。

▽1回戦
大曲工    5―2 秋田高専
由利工    9―0 能代松陽
御所野学院 12―0 横手清陵
横手     6―0 能代

秋田の最新ニュース