秋田の日本酒でリモート乾杯! 22の酒蔵つなぎ配信

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
番組では、配信会場と県内の酒蔵をリモートでつなぎ、日本酒に関するトークを繰り広げた
番組では、配信会場と県内の酒蔵をリモートでつなぎ、日本酒に関するトークを繰り広げた

 秋田県酒造協同組合(齋藤雅人理事長)は、「日本酒の日」(10月1日)に合わせ、動画投稿サイト「ユーチューブ」で県産酒のPR番組「カンパイ秋田TV」を生配信した。配信会場のにぎわい交流館(秋田市)と酒蔵22カ所をウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」でつなぎ、酒蔵計25社の代表者が好きな銘柄やお勧めの日本酒の飲み方などを語り合った。

 県酒造協同組合は毎年、日本酒造組合中央会(東京)が定める日本酒の日に県産酒で一斉に乾杯するイベントを県内のホテルなどで開催してきた。昨年からは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンラインイベントを開催。イベント向けに県内の酒蔵が統一ラベルで売り出す日本酒「秋田旬吟醸」を販売しており、今年は31社が参加した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 656 文字 / 残り 330 文字)

秋田の最新ニュース