時代を語る・佐藤謙一(9)グラス会つくり研究

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
グラス会のメンバーと(右から3人目)=昭和50年代後半
グラス会のメンバーと(右から3人目)=昭和50年代後半

 ホテルマンの花形はフロント係やコックです。帝国ホテルに入社した50年近く前、バーテンダーとして働きたいという人は珍しい存在でした。

 当時、ホテルではバーテンダーをしながらも、本来はコックになりたいとか、フロント関係の職場に行きたいといった人たちが多かった。自分が希望する仕事ではないので、プロフェッショナルとしての意識は低かったと思います。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 747 文字 / 残り 576 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース