トラブル「解決金」支払い続け… 詐欺被害計1460万円に

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県警由利本荘署は5日、由利本荘市の30代女性が架空請求詐欺に遭い現金1460万円をだまし取られたと発表した。

 署によると、女性の携帯電話に8月31日、「NTTファイナンスサポートセンター」をかたる相手から「利用料金の支払い確認が取れていない」とショートメッセージが届いた。

 表示の番号に電話すると、男から「利用料金の支払い確認が取れないのは、あなたが詐欺事件の主犯格だからです」「あなたが原因のネット上のトラブルで被害者が発生している。解決には金が必要」などと言われた。同日、市内の現金自動預払機(ATM)から指定された口座に30万円を支払った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 576 文字 / 残り 300 文字)

秋田の最新ニュース