樺太→秋田→東京→沖縄 LGBTQ運動先駆者、半生を語る

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 日本における「LGBTQ(性的少数者)」運動の先駆者として知られる元編集者で自身もゲイの南定四郎(ていしろう)さん(89)=沖縄県うるま市。青年期を秋田市や男鹿市で過ごし、本県にもゆかりがある。「当時は日陰を歩いているようだった」。先月4日開かれたオンライン研修会で、自身の半生を語った。

「本気で立ち上がれば社会は変わる」と話す南さん(写真は「OUT IN JAPAN」提供)

 研修会は、本県を拠点に性的少数者を支援している団体「性と人権ネットワークESTO(エスト)」の主催。

 南さんは1931(昭和6)年、樺太で5人きょうだいの次男として生まれた。戦後、一家で母の故郷である本県に移り住み、戸賀村(現男鹿市)や秋田市で暮らした。

 県内の高校を卒業後、秋田地方検察庁に就職。18歳の夏、職場からの帰宅途中に立ち寄った書店で、一冊の雑誌と出合う。同性愛者について描かれていた。「自分のことではないかと初めて自覚した。東京に行けば同性愛者に会えるのではないか」と思った。

 しかし、上京後も現実は厳しく、同性愛者としてオープンに語ることははばかられ、職に就いても数年で辞めるという生活の繰り返しだった。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース