雇用確保、公共温泉対応など課題山積 横手市長選10日告示

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
民間譲渡後に市に返還され、休館中の鶴ケ池荘
民間譲渡後に市に返還され、休館中の鶴ケ池荘

 任期満了(10月22日)に伴う秋田県横手市長選が市議選(定数26)とともに10日に告示、17日に投開票される。立候補を表明しているのは3期日を目指す現職の高橋大氏(45)、元市議の奥山豊和氏(41)、旧横手市議の加藤完二氏(70)。人口減少が進む中、商工業や農業の振興による雇用の場の確保が重要なテーマだ。公共温泉施設の在り方も課題となっている。

 市町村合併した2005年の人口(国勢調査)は10万3千人余り。このうち生産年齢人口は58%、老年人口は29%だった。少子高齢化が進み、今年9月の人口(住民基本台帳)は8万6千人余り。生産年齢人口は51%に下がり、老年人口は39%に上がった。

 市外への若者の流出を抑え、進学で市外に出た学生の受け入れ先を確保するため、企業誘致や地元企業の振興が求められる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1097 文字 / 残り 745 文字)

秋田の最新ニュース