立民と共産、小選挙区で協力 自民候補との一騎打ちへ

会員向け記事
お気に入りに登録

 立憲民主党県連と共産党県委員会は8日、衆院選(19日公示、31日投開票)の秋田県内3小選挙区での連携ついて協議し、それぞれが擁立した候補の勝利に向け互いに協力することで一致した。共産は1区と2区、立民は3区で候補者の擁立を見送ると明言。これにより全ての小選挙区で、自民候補との一騎打ちとなる構図がほぼ固まった。

 立民県連の石田寛代表代行や共産党県委の米田吉正委員長ら4人が秋田市内のホテルで会談。終了後、別々に取材に応じ、両党とも候補者擁立をこれ以上模索しない考えを明らかにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 555 文字 / 残り 314 文字)