鈴木絢大、3回戦でフォール負け 世界レスリング第7日

お気に入りに登録

 レスリングの世界選手権第7日は8日、オスロで行われ、男子グレコローマンスタイルで60キロ級の鈴木絢大(レスターホールディングス)が2試合に勝って迎えた3回戦でアゼルバイジャン選手にフォール負けした。

 97キロ級の奈良勇太(警視庁)は1回戦でポーランド選手に敗れ、130キロ級の園田新(ALSOK)も1回戦でアルメニア選手に屈し、ともに敗者復活戦に回れなかった。

 日本勢は東京五輪代表が出場していない。(共同)