高橋よしひろさん画業50周年 まんが美術館に原画300点

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
企画展セレモニーに出席した高橋さん
企画展セレモニーに出席した高橋さん

 犬を主人公とした作品で知られる秋田県東成瀬村出身の漫画家・高橋よしひろさん(68)の画業50周年を記念した企画展が9日、横手市増田まんが美術館で始まった。人気作「銀牙」シリーズを中心に原画約300点を展示し、高橋さんの作品を一堂に紹介している。12月5日まで。

 高橋さんは1971年に漫画家活動を開始、72年に週刊少年ジャンプに掲載された「下町弁慶」でプロデビューした。83年に連載が始まった「銀牙―流れ星銀―」は87年に小学館漫画賞を受賞。今年4月にまんが美術館の名誉館長に就任した。

 銀牙シリーズの原画は約150点を展示。「流れ星銀」では、月明かりに照らされながら疾駆する主人公・銀の躍動感あふれるシーンを見ることができる。銀が仲間と共に宿敵のクマと命を懸けて戦う迫力のある原画も楽しめる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 702 文字 / 残り 354 文字)

秋田の最新ニュース