ドラフト候補のTDK2枚看板 鈴木と小木田が土壇場で復調

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【きらやか銀行―TDK】8回途中まで1安打無失点と好投したTDKの鈴木
【きらやか銀行―TDK】8回途中まで1安打無失点と好投したTDKの鈴木

 「ああ、勝って良かった」。TDKの選手はほっとした表情を見せた。自慢の投手陣が打ち込まれて敗れた前日の決勝を引きずらず、ドラフト候補の2枚看板が本来の投球を披露し、2年連続の都市対抗を引き寄せた。

TDK、都市対抗野球本大会出場決定 きらやか銀に競り勝つ

 先発は準決勝で六回途中まで投げ4失点だった鈴木大貴。「小木田が控えていたので、飛ばし気味に投げた」という投球は速球がさえた。七回まで出した走者は死球による2人だけ。八回の先頭に左前へ運ばれ、大記録達成こそならなかったが重責をしっかり果たした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 688 文字 / 残り 439 文字)

秋田の最新ニュース