風間、ソフトB指名「うれしい」 ドラフト会議【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が11日、東京都内のホテルで開かれ、今夏の全国高校野球選手権に出場した明桜高のエース風間球打(きゅうた)投手は、ソフトバンクが1位で単独指名し交渉権を獲得した。風間投手は「チームのためにも良い投手になって、貢献できるようにやっていきたい」と決意を語った。

会見後、記念撮影に応じる明桜高の風間投手(左)と輿石監督=ノースアジア大40周年記念館


 ドラフト会議は午後5時ごろ開始。風間投手は輿石重弘監督とともに記者会見場のノースアジア大40周年記念館で指名の瞬間を迎えた。「すごく緊張していて不安だった。手も震えていたが、選ばれてうれしい」と率直な思いを口にした。

 県関係ではTDKの小木田敦也投手(角館高出)がオリックスに7位で指名された。

秋田の最新ニュース