ドイツ、W杯予選突破一番乗り サッカー、22年カタール大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北マケドニアを下し、喜ぶドイツの選手たち=11日、スコピエ(ロイター=共同)
北マケドニアを下し、喜ぶドイツの選手たち=11日、スコピエ(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会欧州予選は11日、各地で行われ、J組のドイツが18大会連続20度目の本大会出場を決めた。各大陸を通じ、予選突破一番乗り。敵地で北マケドニアを4―0で下して勝ち点21とし、2試合を残して同組1位が確定した。ルーマニアが同13で2位に浮上した。

 G組はオランダが6―0でジブラルタルに快勝し、勝ち点19で首位キープ。ノルウェーはモンテネグロに2―0で勝ち、同17で追う。H組はロシアが2―1でスロベニアを下して勝ち点19のトップ。クロアチアは2―2でスロバキアと引き分け、同17の2位。