世界遺産に誓う永久の愛 コロナ機に本県移住の2人が結婚式

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
伊勢堂岱遺跡の環状列石を背に歩む新郎の岩﨑さんと新婦の一枝さん
伊勢堂岱遺跡の環状列石を背に歩む新郎の岩﨑さんと新婦の一枝さん

 秋田県北秋田市脇神の国指定史跡・伊勢堂岱遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されたことを受け、地域活性化に取り組む北秋田市有志の協議会「やってみよう!北秋田」(小塚雅生会長)が、遺跡を活用したイベントの実証事業に取り組んでいる。12日には遺跡での結婚式が行われた。

 式を挙げたのは秋田内陸縦貫鉄道社員の岩﨑一弘さん(東京都出身)と、秋田内陸線阿仁合駅のレストランで働く一枝さん(千葉県出身、旧姓・秋葉)。2人は環状列石のそばで「笑顔あふれる家庭を築く」と誓いの言葉を述べた。

秋田の最新ニュース