羅漢さんも気分↑ 男鹿「玉の池荘」に本格ステージ【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿市男鹿中の障害者支援施設「玉の池荘」体育館に常設ステージが設置され、プロのアーティストらによる年数回の音楽ライブで利用者たちが盛り上がっている。ステージのほか照明機材も備え、ライブハウスのような空間で熱気あふれるパフォーマンスが繰り広げられる。利用者たちは応援うちわやタオルを振ったり、静かに耳を傾けたりと、思い思いに楽しんでいる。

常設ステージと照明機材を備えた体育館で開かれたライブ


 「まだまだ終わらねえぞ!」8日に開かれたライブで、五城目町出身のラッパー羅漢(らかん)さんがステージから叫んだ。利用者たちも「イエー!」と歓声を上げて応えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 924 文字 / 残り 672 文字)

秋田の最新ニュース